アイコン

陰嚢湿疹【男】

陰嚢(いんのう)湿疹
- 金玉の痒みに市販薬は効く?治し方は?

陰嚢 (金玉) に 起こる異変

一般に「金玉」「玉袋」などと呼ばれる男性の陰嚢(いんのう)に痒みを感じた場合、陰嚢湿疹の可能性があります。

「イノシシのような痒み」とも称されるほどの猛烈な痒みは、日常生活に支障をきたすほどです。患部を強くかきむしったせいで、陰嚢から滲出液(しんしゅつえき)が出て下着を汚してしまう方もいます。

陰嚢湿疹はご自身で改善することもできますが、場合によっては陰嚢湿疹以外の病気である可能性も否定できません。

陰嚢湿疹の原因や症状の特徴、改善方法などについて理解したうえで、症状に応じて病院での検査・治療もご検討ください。

性病検査診断 郵送性病検査

陰嚢湿疹とは?

陰嚢部に赤い湿疹・炎症が出ている

陰嚢湿疹とは、男性の陰嚢(金玉/玉袋)に湿疹が生じ、痒みが出る症状のことです。

最初のころは少しムズムズとした痒みが出る程度でも、放置していると症状が進行して強烈な痒みになる恐れがあります。

また患部を強くかきむしると、陰嚢部の皮膚が硬くなってしまったり、ただれた皮膚から滲出液が出てきてしまったりしてしまいます。

陰嚢湿疹の原因は?

陰嚢湿疹で考えらえる原因
汗による蒸れで陰部に雑菌が繁殖する。
下着のこすれで陰部の皮膚が荒れる。
化粧水やコンドームで陰部の皮膚がかぶれる。
陰部の皮膚が乾燥している。

一般に、湿疹が起こる原因としては、汗による蒸れ乾燥肌、擦過(さっか/こすれ)による肌荒れ、アレルギーによるかぶれなどが考えられ、陰嚢湿疹もこれに該当します。

陰嚢湿疹 症状の特徴

股間に異変を感じる場合
  • 陰嚢に赤い湿疹・発疹が出る
  • 陰嚢にだけ猛烈な痒みが出る
  • 陰嚢の皮膚がただれ、滲出液で出る
  • 陰嚢の皮膚がカサカサ・パリパリに硬くなる

陰嚢湿疹の大きな特徴は、症状が陰嚢部(金玉/玉袋)にのみ現れることです。

陰茎や亀頭に何らかの症状が出ている場合は、陰嚢湿疹ではなく他の病気である可能性があります。速やかに医療機関にご相談ください。

天神マイケアクリニックでは、性感染症をはじめとするデリケートゾーンのトラブルを匿名で検査することができます。

陰部の痒みをはじめとする、人に知られたくない症状もプライバシーに配慮して検査ができますので、お悩みの方はぜひ当クリニックまでご相談ください。

①陰嚢(金玉)に猛烈な痒みを感じる

陰嚢湿疹の一番の特徴は、陰嚢(金玉/玉袋)に猛烈な痒みが生じることです。
痒みの強さはすさまじく、痒みのあまり夜に寝られなくなる方も少なくありません。

②陰嚢(金玉)の皮膚に湿疹ができる

陰嚢湿疹になると、陰嚢(金玉)の裏の部分に湿疹が現れます。
陰嚢以外に、陰茎や亀頭にも何らかの症状が出ている場合は陰嚢湿疹ではない可能性があります。

③陰嚢(金玉)の皮膚がただれ、
ジュクジュクとした液が出る

陰嚢湿疹は陰嚢(金玉)に強い痒みが生じるため、強くかきむしってしまう方が数多くいらっしゃいます。
陰嚢に限らず、皮膚を強くかいてしまえば皮膚に傷ができ、そこから滲出液が出ます。
そのため、陰嚢湿疹にお悩みの方には、陰嚢部から出た滲出液により下着を汚してしまう方も多いです。

④陰嚢(金玉)の皮膚がカサカサ・
パリパリになる

陰嚢湿疹では陰嚢(金玉)の皮膚を強くかいたりこすったりすることで、皮膚が硬くなってしまいます。
また、にじみ出た滲出液が固まり、かさぶたができることもあります。

陰嚢湿疹といんきんたむしの
見分け方は?

男性器周辺の痒みが出る病気として、「いんきんたむし」も代表的なものです。

いんきんたむしは、水虫と同じ白癬菌(はくせんきん)が原因菌で、陰嚢湿疹とは異なります。
ただ、どちらも性的交渉以外の日常生活で発症し、症状も似ているため、検査しない限りなかなか見分けがつきません。
いんきんたむしは日常生活で他人にうつす恐れがあります、陰部の痒みを感じたら、まずは医療機関に相談するようにしましょう。

天神マイケアクリニックでは、感染症専門の技師よる検査を匿名で受けることが可能です。検査は個室で行いますので、患者様のプライバシーもしっかり守られます。
「病院に行くのが恥ずかしい」とお悩みの方も、ぜひ一度当クリニックまでご相談ください。

陰嚢湿疹の治し方・ステロイドは注意が必要?

陰嚢湿疹のため軟膏を塗布する
  • 1. 市販薬
  • 2. 日常生活の改善
  • 3. 病院での治療

陰嚢湿疹の治し方は、大きく「市販薬での治療」「日常生活の改善」「病院での治療」の3つに分かれます。

陰嚢湿疹におすすめの市販薬は?

市販薬の中で、陰嚢湿疹は症状を抑える効果が期待できるものは、痒み止め成分が配合されたものです。
患部が炎症を起こし、赤くはれている場合は、痒み止め成分だけでなく抗炎症成分が配合されたものを選ぶとよいでしょう。

陰嚢湿疹にオロナインは効く?

オロナインは湿疹(ただれ、かぶれ)には使用できません。陰嚢湿疹で市販薬を使用する場合は、湿疹用のものをお選びください。

陰嚢湿疹にステロイドは効く?

市販薬の中には、ステロイド配合のものがありますが、デリケートゾーンへの使用は注意が必要です。デリケートゾーンの皮膚は薄く、ステロイドの吸収率が高いからです。

そのため、陰嚢湿疹で使用する市販薬も、基本的には非ステロイド薬が推奨されます。
ステロイドが配合された薬は、必ず医師や薬剤師と相談してから使用するようにしましょう。

日常生活でできる陰嚢湿疹の対処法

陰嚢湿疹を日常生活で改善するには、患部の蒸れを防ぎ、しっかりと保湿して、陰部を清潔に保つことが大切です。

夏場に大量の汗をかいて、濡れたままの状態にしておくと、陰部に雑菌が繁殖し、湿疹が出やすくなってしまいます。デリケートゾーンの通気性を高めておきましょう。また湿疹は乾燥肌にも起きやすいので、しっかりと保湿することも欠かせません。どうしても痒みががまんできない場合は、保冷剤などで冷やして対処してください

一方、入浴時の洗いすぎには注意が必要です。肌のバリアとして必要な皮脂も失われ、肌荒れの原因になってしまいます。患部が炎症を起こしている場合は、水洗いで十分です。

その他、下着も締め付けがきつかったり、患部をこすったりするようなものは避けましょう。

陰嚢湿疹は病院に行かないと治らない?治療法は?

陰嚢湿疹は症状が繰り返し出るのが特徴です。
そのためセルフケアで一時的な改善が見られても、再び猛烈な痒みがぶり返す可能性があります。

このような場合は、一度医療機関に相談してみましょう。

陰嚢湿疹は何科で相談すればいい?

陰嚢湿疹は皮膚科泌尿器科性病科などで診察可能です。
病変が皮膚のみに出ている場合であれば皮膚科で問題ありませんが、性感染症の可能性がある場合は、皮膚科ではなく泌尿器科や性病科にご相談ください。

恥ずかしいけれど、陰嚢湿疹は
病院に行くべき?

陰部に痒みが出る性感染症は数多くあるため、必ず医師の診断を受けましょう

陰嚢湿疹でお悩みの方の中には、周囲の目が気になり「病院に行くのが恥ずかしい」と躊躇される方がいらっしゃいます。

しかし、陰部の痒みの原因は、陰嚢湿疹ではなく、治療が必要な性感染症である可能性もあります。

陰嚢湿疹か他の病気であるかは、検査してみないとわかりません。陰部に痒みが出る性感染症は数多くあります。自分で判断するのは危険です。必ず医師の診断を受けましょう。

陰部に痒みがでる、陰嚢湿疹以外の病気

陰部に痒みが出る性感染症
クラミジア
淋菌感染症
性器ヘルペス
マイコプラズマ(性病)
ウレアプラズマ
毛じらみ
いんきんたむし(白癬菌)

天神マイケアクリニックでは、さまざまな性感染症の匿名検査を承っております。また当クリニックでは患者様のプライバシーを守るため個室もご用意しております。

性感染症は、速やかな治療が重要です。病院に行くべきかお悩みの方は、ぜひ当クリニックまで一度ご相談ください。

ご来院・ご自宅のどちらでも
検査、治療可能

  • 自宅で検査する方
  • ご来院される方

天神マイケアクリニックでは、郵送性病検査キットを販売しており、自宅から他人にバレずに性病検査を行うことが出来ます。 また、陽性だった場合項目によっては、お薬の処方までオンラインで行っておりますので、遠方の方や忙しくて来院できない方にも気軽に検査を受けていただけます。

あなたにおすすめの検査キット

検査から治療までサポート

検査キット購入
陽性だったら
オンライン診療
薬の処方

ご来院可能な場合はクリニックにて
検査・薬の処方を行います。

性病検査を受けて陽性だった場合、当クリニックではオンライン診療も行っております。
忙しくてクリニックまでご来院出来ない方や、遠方にお住まいの方は、治療薬も自宅まで郵送しておりますので
ご安心して検査から治療まで当クリニックにお任せください。

あなたにおすすめの検査

性感染症の治療は、皮膚科や泌尿器科といった診療科で行われます。しかし、最近では性感染症専門のクリニックも増えており、当クリニックもその一つです。

当クリニックでは、性感染症に関する知見が豊富な医師・スタッフが在籍していることはもちろん、匿名での検査可能・保険証不要といったプライバシー保護を徹底した医療機関です。最短30分で検査結果が出るスムーズな診療を心がけており、患者様の利便性も高くなっています。

6項目
できもの診察(視診)
3,500
  • できもの等の症状が似た
    疾患の鑑別診断を行います。

  • 検査項目
    梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、ケジラミ、性器伝染性軟属種(ミズイボ)、疥癬
  • 検査方法
    視診
  • 検査時期
    性器や身体の皮膚にできもの・湿疹などの症状が出ている方が対象です。
  • 検査結果
    その場でお伝え

予約なしでのご来店もOK!
事前に問診表を記入いただくことで待ち時間無しでご来院いただけます。

検査メニューに関してはカウンセリング時に看護師と相談可能です。

当クリニックでは、受診したその日に結果が分かるスピード検査も取り扱っています。即日検査の受付は18:00までとなりますので、あらかじめご了承ください。

天神マイケアクリニックのポイント

保険証不要匿名検査が可能

天神南駅徒歩3分のアクセス

検査後そのまま治療可能

陰嚢湿疹に関する
よくあるご質問

Q. 陰嚢湿疹は治らないって本当ですか?

いいえ。陰嚢湿疹は再発しやすい病気ですが、適切な治療を行えば改善します。つらい症状を伴う陰嚢湿疹を繰り返し発症している方は、気軽に天神マイケアクリニックにご相談ください。

Q. 陰嚢湿疹にワセリンを塗っても大丈夫ですか?

特に問題ありません。ただ、人によってはワセリンが原因の接触性皮膚炎を起こす可能性もあります。一度、パッチテストなどを行ってから使用してください。

Q. 陰嚢湿疹はお風呂や日常生活で人にうつりますか?

いいえ。陰嚢湿疹は他人にうつりません。

Q. 陰部を冷やすと、陰嚢湿疹の痒みは弱まりますか?

患部が炎症を起こしている場合、冷やすことで、一時的に痒みを抑える効果が期待できます。

Q. 陰嚢だけでなく亀頭にも痒みを感じます。これは陰嚢湿疹なのでしょうか?

陰嚢湿疹ではなく、性感染症や他の病気である可能性があります。一度、医療機関までご相談ください。天神マイケアクリニックは、性感染症検査から治療まで完了できるクリニックです。疑わしい症状がある場合は、なるべくお早めに当クリニックにご来院ください。

監修医師

前出医師

前出 喜信(まえで よしのぶ)医師

天神マイケアクリニック 顧問医師(母体保護法指定医・産科婦人科専門医)

島根医科大学医学部医学科を卒業後、長年産婦人科医としてクリニックや病院勤務で経験を重ね、2022年10月天神マイケアクリニック顧問医師に就任。

前出医師著書

著書

マイコプラズマ・ウレアプラズマ性感染症
~よく知られていないから、知ってほしい性感染症~

前出 喜信(まえで よしのぶ)医師 出版

ご不明な点がございましたら
下記までお問い合わせください。

予約は不要となっています。

ACCESS

アクセス

福岡県福岡市中央区今泉1丁目11−5 ロクラス今泉6階
「天神南」駅、「西鉄福岡」駅から徒歩3分

法人のお客様へ
【検査委託に関して】

当クリニックは多数の優秀な技師と、
検査精度の高い機器を取り揃え、
万全の体制で検査を行っております。
検査の外部委託もお引き受けしております。
ご希望の方は以下よりお問い合わせください。
staff@mycare.or.jp

移動